ハンター社

最大級のシーリングファンカンパニーのこれまで

このエントリーをはてなブックマークに追加

何百年もの間、人々はどうしたら涼しく快適に過ごせるのかを考え続けてきました。

17世紀初頭のインドでは、「パンカ」のような、椰子の葉や布で覆われたフレームを作り、コードを引っ張って天井からぶら下げそよ風を起こすような装置を使っていました。

しかし、1880年代後半、ジョン・ハンターと息子のジェームズは、効率的に涼しさを生み出す新しい方法を考案し、さらにはハンターファンカンパニーも立ち上げました。

ここに最大級のシーリングファンカンパニーについて、あなたがまだ知らないかもしれない4つの事実を記していきたいと思います。

始まりはベルト駆動のシーリングファンだった

1886年、ショットガン製造事業を営んでいたハンター社は、そこで習得したテクノロジーと技術を応用し、最も早期とも言えるシーリングファンメーカーに転換しました。

それは本当に突然のことでした。

1800年代後半。技術革命とも言われる第二次産業革命の最中、この時代の技術の進歩もさることながら、ハンター社はチュールク水道メーターカンパニーの買収によって勢いを増し、給水システムで作動する「ベルト駆動」のシーリングファンを設計することに成功しました。

そのときの彼らの革新的な設計とは、蒸気でシーリングファンブレードを動かす動力エネルギーを創り出したことでした。

その後、電力によるシーリングファンが市場に出たのは1890年代でしたが、実は当時、電力はまだ貴重なものであったため、家庭用電力は照明用として予約制という制限の下、シーリングファンは、主に工場、ホテル、レストランなどで使用されるものでした。

ハンターオリジナル

1900年代初めに人気を博した電動シーリングファンのデザインのひとつ、ハンターオリジナルシーリングファン。

鋳鉄製の本体、強力なモーター、本物のチーク材のブレード、油浴潤滑システムが組み合わさった、当初から安定感のある非常に静かな使用感のものでした。

しばらくしてハンターは、冬に天井上部に溜まったた暖かい空気の再循環を促す『AdaptAir』という機能を開発し、これをハンターオリジナルに搭載しました。ファンのスイッチを入れると、ブレードのピッチが方向を変えて上昇気流を生み出します。(回転方向は、本体にあるスイッチで切り替えることができます。)

高品質の素材、そしてクラシカルな外観が魅力とも言われるハンターオリジナルは、1世紀以上にもわたって時代を超越したデザインとして愛されてきました。 ですからハンターオリジナルを所有している多くの人々は、何十年という長いときを、ずっとそのまま、自宅やオフィスに備え付けているのです。

シーリングファンとエネルギー危機

1973年の石油の通商停止により、米国ではガス不足が起こり、同時に電気代が上昇したことで、その頃人気のあったセントラルエアコンユニットは大きな出費になりました。

そのため、効率が良くエネルギーコストを低く抑えられるということもあり、1970年代にはシーリングファンの需要が急速に上昇しました。

そんなシーリングファンは、今日でもエネルギー効率が良いという理由で、多くの家庭に人気があります。

シーリングファンを使用するとエアコンの温度設定を高くしても冷却効果を感じられるため、エアコンの使用率を下げることができ、冷却コストを最大47%節約できます。

さらに冬にシーリングファンの方向を変えると、暖房費の節約にもなるのです。

ハンターの飽くなきイノベーション

ハンターのエンジニアとデザイナーは、簡単に設置できる機能や最新の操作性、および産業用HVLS(高速、低速)ファンのような新しいシーリングファンのテクノロジーと設計を革新し続けています。

  • 2016年には、住宅用シーリングファンから展開し、ビジネスの現場での安全性と快適性をサポートするために、現場対応型の特別な設計を施した産業用HVLSファンと商用ファンを構築しました。

  • 2019年に、当社のエンジニアは革新的で精密なブレードと最適化されたモーターを考案し、SureSpeed®保証でご提供できる機能により、主要な競合他社よりも20%も高い気流速度を生み出すことを可能にしました。

  • 2020年には、住宅所有者のニーズと、さらに最も売れているシーリングファンのデザインに基づいた5つのコレクションの中からスタートを切り、照明付きファンも展開していきました。

最後に

ハンターファンカンパニーは、イノベーションへの欲求から誕生しました。

私たちは過去135年間革新を止めていません。

ハンターのエンジニアは、現在の業界標準であるテスト方法を開発し、シーリングファンの配線及び設置を容易にする方法を設計しました。そして、ハンターのデザイナーは、シーリングファンと照明のデザインの限界ラインを常に押し広げ続けています。

私たちは使命として、美しく高品質の備品と卓越した顧客体験を生み出すことで、すべての空間をより良い場所にすることと考えております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
サポート